ビビッとサクッと速報

ビビッとサクッと速報は、何かと話題な旬な芸能ニュースを中心に、スポーツや社会ネタ等お役立ちになりしうなネタをお届けしていきます。暇つぶしにでも立ち寄ってご覧いただければと思います。

    カテゴリ:芸能 > 離婚


    鈴木 京香(すずき きょうか、1968年5月31日 - )は、日本の女優である。有限会社Vanda(ヴァンダ)所属。身長166cm[要出典]、B88/W59/H89[要出典]。 宮城県泉市(現・仙台市泉区)に生まれ、黒川郡富谷町(現・富谷市)で育つ[要出典]。宮城県泉高等学校[要出典]を経て、東北学院大学経済学部商学科卒業。
    34キロバイト (4,348 語) - 2018年11月29日 (木) 14:07



    (出典 sabziblog.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/12/13(木) 07:33:34.59 ID:CAP_USER9.net

     一時期は結婚間近と言われていた鈴木京香(50才)と長谷川博己(41才)が破局していたことが明らかになった。

    「年齢とか環境の違いみたいなものを軽く飛び越えてしまうのが愛情。私もそういうものに戸惑ったり、ためらったりしないで生きたい」
    「一度恋に落ちたら周りの状況など気にならなくなった。恋愛することに躊躇しなくてもいいのかなと思うようになりました」

     2011年9月23日、映画『セカンドバージン』の初日舞台挨拶で、熱い恋愛観を語った鈴木。その横に立ち、彼女の言葉を笑顔で聞いていたのは、映画で共演した長谷川だった。

     その時、まだふたりの交際は世に出ていなかったが、すでに恋仲だった。長谷川との出会いによって、「年齢や環境の違いを飛び越える愛」を知った京香。何度もゴールイン間近と報じられた彼女は、ついにある決断を下した──。

     現在、NHK連続テレビ小説『まんぷく』でヒロインの夫役を好演する長谷川は、収録のため5月から平日は大阪でホテル住まいを続けている。

    「長谷川さんはいつもニコニコして優しい雰囲気です。収録後は大阪出身の大谷亮平さん(38才)や桐谷健太さん(38才)らに連れられて夜の街に出ることも多く、長谷川さんは、“大阪はおいしいところが多いですね”と喜んでいます」(NHK関係者)

     そんな長谷川の行動に変化が表れたのは、ここ2~3か月のことだ。

    「以前は撮影が休みの週末になると東京に帰っていましたが、ここ数か月は帰京の頻度が少なくなりました。たまに都内の自宅に戻ったとしても、ほとんどひとりで過ごしているようです」(前出・NHK関係者)

     本誌・女性セブンは大阪から東京に戻った長谷川を、何度かキャッチしていた。11月中旬の日曜、長谷川の姿は京香の自宅ではなく、都心のあるマンション周辺にあった。マスク姿で携帯電話をいじりながら、周囲を警戒し、そのマンション近くで姿を消した。

     12月上旬の日曜には黒い服の上下にマスク、キャップ姿で高級外車に乗って外出。途中、路肩に停車して、後続車をチェックするなど警戒心を見せ、やはり、11月中旬の時と同じマンション周辺に向かっていった。

     その両日とも、京香の自宅マンションは静けさを保ったままだった。京香の友人がつぶやく。

    「最近、京香さんは長谷川さんに別れを告げたようです。彼女は、“私、もう彼を育てきったでしょ?”と少し笑いながら語っていました」

     一時期は結婚間近と言われていた鈴木京香(50才)と長谷川博己(41才)が破局していたことが明らかになった。

    「年齢とか環境の違いみたいなものを軽く飛び越えてしまうのが愛情。私もそういうものに戸惑ったり、ためらったりしないで生きたい」
    「一度恋に落ちたら周りの状況など気にならなくなった。恋愛することに躊躇しなくてもいいのかなと思うようになりました」

     2011年9月23日、映画『セカンドバージン』の初日舞台挨拶で、熱い恋愛観を語った鈴木。その横に立ち、彼女の言葉を笑顔で聞いていたのは、映画で共演した長谷川だった。

     その時、まだふたりの交際は世に出ていなかったが、すでに恋仲だった。長谷川との出会いによって、「年齢や環境の違いを飛び越える愛」を知った京香。何度もゴールイン間近と報じられた彼女は、ついにある決断を下した──。

    >>2以降に続きます

    2018.12.13 07:00
    https://www.news-postseven.com/archives/20181213_823951.html?PAGE=1#container

    (出典 img2.news-postseven.com)


    【【芸能】鈴木京香、長谷川博己と破局 「役者として大成」して踏ん切り】の続きを読む



    (出典 wordleaf.c.yimg.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/11/29(木) 07:14:26.25 ID:CAP_USER9.net

     左手で頬杖をつき、勝ち誇ったような余裕の微笑み。11月21日、ある女性のインスタグラムにアップされた写真が物議を醸している。

    「構図が大塚愛さん(36才)の公式サイトの写真そっくりなんです。わざと似せたとしか考えられない。しかも、大塚さんの離婚発表日にわざわざアップするなんて…」(芸能関係者)

     その日、大塚愛とRIP SLYMEのSU(45才)の離婚が発表された。不適な笑みを浮かべたのは、SUの不倫相手とされるモデルの江夏詩織(23才)だ。

     この投稿のコメント欄は《人の家庭を壊しておいてインスタを更新するのはどうかと思う》《不倫した挙句嫌がらせとかヤバイ》など、投稿の真意を探るような言葉で溢れかえった。

     また、離婚と同時に、信じられないような嫌がらせがあったことも発覚した。

    「2016年の秋頃、真夜中に江夏さんが大塚さん夫婦の自宅に押しかけたそうです。SUさんは不在で、江夏さんは何度もインターホンを押し、それを不安に思った大塚さんは警察に通報、被害届を提出しました。江夏さんは連行されたそうです」(スポーツ紙記者)

     大塚とSUは2010年6月に結婚し、2011年3月には長女に恵まれた。

    「ただ、2人の結婚の行く先を不安視する声は当時からありました。SUはモテ男ですし、大塚さんは相手一筋。いつか破綻するのではとみられていたのです」(音楽関係者)

     ほころびは昨年4月に発覚。SUと江夏の不倫報道だ。SUが江夏の自宅に泊まり、仲睦まじくドライブする様子などが報じられた。その時点で、不倫関係は長く続いていたという。その報道後、SUは活動自粛に。そして、出た答えが離婚だった。そこに至るまで、大塚は「深夜の襲来」のほかにも攻撃を受けていた。

    「SNSなどを通じて江夏さんから、“彼を自由にしてあげてほしい”“あなたのような人だと彼の才能をつぶしてしまう”“彼にふさわしいのは私”といったメッセージ攻撃を受けていたそう。江夏さんは過去にインスタでも“さくらんぼだいすき”と、大塚さんのヒット曲を揶揄するような投稿もしていました」(前出・スポーツ紙記者)

     そうした嫌がらせを、大塚は当初、無視していた。

    「お子さんが小学校に入学したばかりで、不安もあったようですが相手にしなかった。ところが、それが相手をエスカレートさせ、直接自宅まで押しかける事態に発展したようなのです」(前出・芸能関係者)

     大塚は子供を守るため、昨年からSUと別居を始めた。

    「離婚に至るまでは弁護士を立てて話し合ったので、2人が直接やりとりをすることはなかったそう。親権は大塚さんが持つことで決まったが、慰謝料や養育費の話し合いは続いているそうです」(前出・スポーツ紙記者)

     江夏のインスタの更新は離婚発表日以来、止まったままだ(11月27日現在)。

    ※女性セブン2018年12月13日号


    11/29(木) 7:00配信 NEWS ポストセブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181129-00000004-pseven-ent

    (出典 img2.news-postseven.com)


    (出典 img2.news-postseven.com)


    【【芸能】離婚の大塚愛とSU 慰謝料の話し合いは継続、親権は大塚に】の続きを読む


    果歩(みなみ かほ、1964年1月20日 - )は、日本の女優。 兵庫県尼崎市出身。桐朋学園大学短期大学部卒業。ホリエージェンシー所属。 尼崎市立尼崎高等学校を経て桐朋学園大学短期大学部を卒業。 短大在学中の1984年に映画『伽倻子のために』のヒロイン役オーディションに応募、2000人の中から選ばれ、主役で芸能界デビュー。
    25キロバイト (2,763 語) - 2018年11月20日 (火) 06:47



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    【【芸能】乳がん・離婚を赤裸々に語った南果歩の渡辺謙に対する収まらない「怒り」】の続きを読む


    れい(だん れい、1971年8月4日 - )は、日本の女優。元宝塚歌劇団月組・星組トップ娘役。 本名、及川 まゆみ(おいかわ まゆみ)。旧姓、山崎。愛称はだんきち、だんちゃん、まゆみ、だん(宝塚歌劇団時代)、タン・リー(中国公演時)。 松竹エンタテインメント所属。芸名は自身の本名である「まゆみ」
    42キロバイト (5,564 語) - 2018年11月28日 (水) 05:28



    (出典 pic.pimg.tw)



    【【及川光博と檀れい離婚】 「ゆとりが持てなくなり」「笑顔で出した結論」】の続きを読む



    (出典 onmtp.jp)



    【【芸能】大塚愛・離婚の裏に警察騒動 不倫女性が深夜強襲「私死ぬから」】の続きを読む

    このページのトップヘ