ビビッとサクッと速報

ビビッとサクッと速報は、何かと話題な旬な芸能ニュースを中心に、スポーツや社会ネタも交えてまとめてお届けしていきます。暇つぶしにでも立ち寄ってご覧いただければと思います。

    カテゴリ:事件・事故 > パワハラ・セクハラ

    ブログで収入考えてるなら!

    別れることはできなかったのかな。そんな苦痛な日々大変だったろうに。監督という権利だけでそんなことして監督として人として最低な人間。

    1 ニライカナイφ ★ :2018/10/21(日) 20:20:20.37

    沖縄県内のサッカークラブに所属していた女性(25)が、監督の男性(45)から約5年間にわたり継続して暴行や脅迫を加えられ、借金も強要されたとして、男性を相手に損害賠償請求訴訟を那覇地裁に起こし、勝訴していたことが分かった。
    男性側は「事実無根」として控訴、上告したが最高裁は6月に棄却。
    566万円の損害賠償額が確定した。

    識者は「監督と教え子は主従関係にあり、暴力に陥りやすい。
    スポーツ界の意識を変えなければ、また同じ問題が起きる」と警鐘を鳴らしている。

    裁判所が認定した事実によると、男性は日本サッカー協会のA級コーチの資格を持つ指導者で、女性は小学校6年のときに男性が代表を務めるサッカークラブに入団した。
    高校1年の時に交際が始まり、女性は男性宅に通うようになった。

    交際から約1カ月後、男性から「ご飯の炊き方が悪い」と玄関に突き飛ばされた。
    その後も「タオルを準備しておく」「メールの文章がおかしい」など日常生活を細かく注意され、気に入らないと暴力を振るわれた。

    口にタオルを詰めて顔面を殴られ、土下座するところを足で蹴り付けられた。
    逃げ出せないよう裸にされ、ベルトで全身を打たれたこともあった。

    アルバイトの給与は男性が管理した。
    20歳になってからは男性の指示で複数の金融機関から借金を重ね、男性に手渡した。

    男性は取材に対し「交際や暴行の事実は一切ない。あれば刑事事件になっている」と反論。
    「裁判所は原告の主張を一方的に判断しており、公平さを欠いた判決だ」と述べた。

    女性は現在、支援者の協力を得て県外で生活している。
    「暴力の後は優しくされ、自分が悪いと思い込んでいた」と当時を振り返り、「同じような被害を出さないためにも、男性のライセンスを停止してほしい」と訴えた。
    県サッカー協会は「日本サッカー協会と協議を進めており、対応を検討している」とした。

    ■DVに詳しい更生保護法人がじゅまる沖縄・名嘉ちえり研究員の話 

    恋人同士など若い世代の間に起きるデートDVと言えるが、それ以前にスポーツセクハラが背景にある。
    監督と教え子は主従関係になりやすく、一般的にカリスマ指導者ほど、周囲の人間は暴力を容認しやすい。
    部活やクラブ活動は暴力の温床になる危険性が潜んでいる。

    特に未成年の場合は注意が必要だ。
    小学校低学年までなら親と一緒に活動に参加するが、成長するに従い、親と一緒にいる時間よりコーチとの練習が優先されるようになる。
    食事や睡眠など日常生活全般にまで指導が入り、交友関係まで口を挟むコーチもいる。

    全てを管理されれば、何でも知っているコーチに依存しやすくなり、暴力を受けても自分が悪いと思ってしまう。
    親がおかしいと感じても「強くなるためだ」と言われれば、口を挟みにくい。
    今はスマホで子どもと直接やりとりすることが多いため、異変にも気付きにくい。

    暴力があっても、「指導が熱心なあまり」と言って周囲が許すような社会も問題だ。
    スポーツセクハラをなくさなければ、同じ問題はまた起きる。

    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/332839


    【【沖縄】「裸にされ猿ぐつわを噛まされてベルトで打たれた」 25歳女子サッカー選手にDV&借金強要の監督に566万円の賠償命令】の続きを読む

    ブログで収入考えてるなら!

    パワハラひどすぎる。自殺するまで追い込んで最低な店長。どう責任取るの。

    1 ばーど ★ :2018/10/17(水) 18:37:19.07

     ゲーム業界の求人広告会社などと業務委託契約を結んで働いていた女性が自*たのは、同社社長のパワーハラスメント(パワハラ)が原因だなどとして、女性の遺族や元同僚の男性2人が同社と社長に計約8800万円の損害賠償や未払い賃金の支払いを求める訴訟を17日、東京地裁に起こした。

     求人広告会社は「ビ・ハイア」(東京)。訴状によると、女性と元同僚の計3人は2006~14年に入社し、同社や関連会社との業務委託契約を結んだ。しかし、社長の指揮命令を受け、実質的には雇用関係のある従業員として働き続けていたという。

     社長は、3人にブランド品のカバンや靴などを買い与え、その費用を会社から社長への貸付金という形で計上した。その自分への債務について、16年ごろから3人のうち2人を保証人にして返済を求めるようになった。

     さらに社長は、原告の1人が賃金の情報を知人に伝えたことを「守秘義務違反だ」などと主張し、数千万円の損害賠償も求めるようになった。社長はやがて賃金の天引きなどを始め、3人にはほとんど賃金が支払われなくなったという。

     3人の生活費が尽き、家賃を払えなくなると、会社事務所に住まわせ、その家賃も請求するようになった。社長は3人に「生きているだけで迷惑」「*と問題があるので、交通事故にあって*でもらいたい」などと、大声で罵倒するパワハラを繰り返したという。

     会社事務所で深夜も働いていることを確認するためにLINEで数分ごとに報告させたり、建物に取り付けたカメラや携帯電話のGPSで行動を監視したりもした。会社事務所での生活は、風呂もなく、寝るときは床にタオルをひく程度だったという。

     今年2月、女性が「私は*だほうがましですか?」という趣旨の発言をしたところ、社長は激怒。女性の目の前で使っていたパソコンを破壊し、「(*だら)ゴミが増えるだけだ」などと暴言を繰り返した。その日の午後、女性は自*たという。

     原告らは、賃金の天引きは違法で、社長の一連の言動や行為は、原告の人格権などを侵害したパワハラにあたると主張している。

     同社は「本日中にコメントしたい」としている。

    2018年10月17日17時43分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASLBK46HZLBKULFA00P.html


    【「生きてるだけで迷惑。交通事故にあって死んで」女性自殺、求人広告会社「ビ・ハイア」の社長をパワハラで提訴】の続きを読む

    このページのトップヘ