ビビッとサクッと速報

ビビッとサクッと速報は、何かと話題な旬な芸能ニュースを中心に、スポーツや社会ネタも交えてまとめてお届けしていきます。暇つぶしにでも立ち寄ってご覧いただければと思います。

    カテゴリ:


    日産自動車株式会社(にっさんじどうしゃ、英語: Nissan Motor Co., Ltd.)は、神奈川県横浜市に本社を置く日本の大手自動車メーカー。通称とブランド名は日産(Nissan)。北アメリカやヨーロッパなどの50か国では高級車ブランドのインフィニティ(Infiniti)、また新興国向けに
    127キロバイト (14,022 語) - 2018年11月21日 (水) 05:50



    (出典 matome.response.jp)



    【【ゴーン会長逮捕】ホンダ販売店が「やったぜ日産」とツイート 謝罪】の続きを読む

    ブログで収入考えてるなら!


    (出典 www.sapporohonda.com)


    だいぶ引き下げてもらえるのかな?欲を言えばもうちょっと!

    1 みんと ★ :2018/10/19(金) 16:08:15.14

    自動車税7500円減要望=排気量1500~2000ccで―経産省

    10/19(金) 7:18配信
    時事通信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181019-00000020-jij-pol

     来年度税制改正に向け、経済産業省がまとめた自動車税の引き下げ要望が18日、明らかになった。

     基準を軽自動車税の負担水準と同等の排気量1cc当たり16円に設定。排気量が1500cc超2000cc以下の自動車税は、年間3万2000円で、現行より7500円減額される。

     要望は、年末に行われる与党の税制調査会での議論のたたき台となる。ただ、代替財源の確保が課題となっており、実現するかは不透明だ。

     経産省は、国内の雇用を支える自動車産業を守るため、自動車保有に関する税負担の軽減を求めている。来年10月の消費税率10%への引き上げを表明した安倍晋三首相も「来年10月1日以降に購入する自動車の保有にかかる税負担の軽減について検討を行う」との方針を示している。 


    【自動車税7500円減要望=排気量1500~2000ccで】の続きを読む

    • カテゴリ:
    ブログで収入考えてるなら!


    (出典 s0.geograph.org.uk)


    さすが世界のトヨタですね。

    1 ひぃぃ ★ :2018/09/13(木) 18:18:18.41

    ■登録車の2台に1台はトヨタ車という現実

     軽自動車より大きな登録車で、シェア5割を誇るトヨタ。軽自動車でも、子会社のダイハツがシェア3割を誇るなど、日本市場ではトヨタの強さが目立つ。では、なぜトヨタはそれほどまで、ほかの自動車メーカーを圧倒しているのか?

     その背景にあるのが「ウチは、トヨタではないから」という言葉だ。トヨタ以外の日系自動車メーカーの関係者がよく使う。この「トヨタではない」という文脈にはさまざまな解釈があり得る。

     たとえば、「トヨタのように研究開発費が潤沢ではない」、または「トヨタのように大規模な子会社を取り揃えている状況ではない」といった解釈である。つまり、トヨタはトヨタ自動車という単体ではなく、トヨタ車体やトヨタ自動車東日本(旧関東自動車)などの自動車の設計・製造を行う企業、そしてデンソーやアイシン精機、アイシンAWなど売上高では日系自動車メーカーの中位クラスと同レベルにあるほど大規模な部品メーカーなどを率いる、自動車コングロマリットなのである。だからこそ、他社を圧倒する数多くのモデル展開を維持することができるのだ。

     それほどまでに、トヨタはグループ全体として他社を圧倒する資金力を持っていることを、自動車業界に関わる多くの人たちが知っている。一方で、一般の自動車ユーザーは、まさかほかの自動車メーカーがここまでトヨタと自社との大きな差を自認しているとは夢にも思わないだろう。だが、これが自動車産業界の現実なのだ。

    ■販売網の強さもトヨタが圧倒する理由のひとつ

     このように製品企画、設計、実験、購買、製造という製造業として強みを見せるトヨタだが、トヨタの強みの秘密は、まだほかにもある。それが、強靭な販売網だ。

     トヨタは現在、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店、さらにレクサスという5つの販売チャンネルを持つのだが、トヨタ本社が直接的に資本参加している企業は少ない。これは、本社の系列下になる販売企業が多いマツダやスバルとはまったく逆の状況だ。

     こうした、各都道府県での地場資本の販売企業が、トヨタの販売力の強さを下支えしている。トヨタに対して事業の独立性を主張し、トヨタからクルマを仕入れるという意識があることが、トヨタ主要販売企業の「必死で売る気」を生んでいるのだ。

     さらにいえば、トヨタが他社を圧倒する大きな理由に、変化をいとわない思い切った経営判断にある。昨今では、コネクテッドや自動運転についてアメリカのIT産業界との連携を深めたり、新しい交通ビジネスであるライドシェアリングの企業や人工知能の開発企業に投資するなど、時代の変化を読む嗅覚が他の日系自動車メーカーよりも強いとの印象を受ける。

     「ウチはトヨタではないから」。こんなセリフが飛び交うようでは、トヨタのひとり勝ちを誰も止めることはできない。

    2018年8月29日 6時20分 WEB CARTOP
    http://news.livedoor.com/article/detail/15225269/

    画像

    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【圧倒的な強さ! 国産メーカーが誰もトヨタに追いつけない理由とは?】の続きを読む

    ブログで収入考えてるなら!

    自動車の新車の匂いって独特 実は揮発性有機化合物の匂い

    体に毒なものだったんですね。新車に注意ですね!

    NO.6918685 2018/09/08 12:34
    自動車の新車の匂いって独特 実は揮発性有機化合物の匂い
    自動車の新車の匂いって独特 実は揮発性有機化合物の匂い
    ■納車されたばかりの自動車は臭い?
    自動車の中でも新車に乗ったことのあるオヤジなら、なんじゃこりゃ?と思った経験があるかもしれません。

    そう、新車の匂いです。

    新車に乗ったときの匂いは、普段経験することのない種類の香りとでもいうべきもので、ハッキリいって「臭い」と感じるオヤジも少なくないでしょう。

    中には、これぞ新車の証しであると好んでいるオヤジもいるようです。

    たしかに、匂いの好き嫌いは個人差が大きいといえるでしょう。

    それにしても、あの新車の匂いは強烈といえます。

    もちろん、新車ならではの匂いであることから、しばらくすれば消えてしまうものです。

    それまでの我慢ということもできます。

    ただ、匂いは気分や体調に影響を及ぼすケースもあり、できれば解消したいと思うところです。

    仮に、我慢してやり過ごすにしても、なぜ、あのような匂いがするのかは気になるところでしょう。

    さて、新車の匂いがどこから出ているかといえば、その多くが内装に使用している材料と工事用品です。

    具体的には、内張りの皮や合皮、ビニール、装備品の匂いであり、施工時に使用する接着剤などの匂いがあります。

    その中で、いちばん強烈な匂いの原因になっていると考えられるのが揮発性有機化合物です。

    自動車の内装には揮発性有機化合物を含むものが多くあります。

    揮発性有機化合物には、ベンゼンやホルムアルデヒド、トルエン、アセトアルデヒドといったものがあり、名前を聞いただけで臭そうと思うものも含まれています。

    また、揮発性有機化合物は接着剤にも使用されていることがあるため、車内のあちこちで使われていそうです。

    ただ、ホルムアルデヒドといえばシックハウス症候群でおなじみの物質です。

    このような物質を自動車とはいえ、人間が「居住」する空間で使用することは好ましくありません。

    そのため、自動車メーカー各社では、揮発性有機化合物を低減する試みを行っています。

    ■新車の匂い対策
    それでは、この新車の匂いを消すなどの対策はあるのでしょうか。

    もちろん、あります!

    新車は匂いが内にこもっている状態ともいえるため、第一に換気を行いましょう。

    誰もが思いつく対策といえますが、効果的な対策になっています。

    納車されて匂いが気になったなら、乗る前に空気を入れ換えるのです。

    換気の方法ですが、単に窓やドアを開け放して行うのもよいですが、せっかくですから自動車の機能を使います。

    自動車のエアコンで外気を取り入れれば、より早く換気の効果を得られる可能性が高まります。

    この際、レバーなどによるモード切替が外気になっていることを注意して確認してください。

    うっかり循環にしていると臭い匂いがグルグル回ってしまいます。

    これは、ありがちなミスです。

    ちなみに、短時間の換気では匂いがとれないことも多いため、最初に換気したあとは、乗りながら暇を見て換気するとよいでしょう。

    次に車内の発生源を拭き取るという手があります。

    内部に隠れたものは除去できませんが、表面に付着している匂いの元なら、拭き掃除をすることで減少させることもできるでしょう。

    可能であれば、乾拭きの前に濡れ雑巾で拭きます。

    ただし、ちゃんと絞って使いましょう。

    もうひとつの手段は、スプレーや置き型消臭剤など、消臭専用アイテムの使用です。

    車内用の消臭剤も多数ありますので、好みのものを使うとよいでしょう。

    最近では、光触媒を利用した商品もあります。

    消臭アイテムを利用する方法はお金がかかりますが、嫌な匂いを早くどうにかしたいというオヤジには、第一選択肢にもなり得ます。

    ちなみに、光触媒と聞けば、なんとなく高そうというイメージがあるかもしれません。

    しかし、モノにもよるとはいえ、一般的な消臭剤と大差ない価格のものも売られていますし、そもそも買えないレベルの金額ではないようです。

    一度、試してみるとよいかも。
    【日時】2018年09月08日
    【提供】YAZIUP


    【自動車の新車の匂いって独特 実は揮発性有機化合物の匂い】の続きを読む

    • カテゴリ:

    SUV人気で復活ですね。どれだけ売れるか楽しみです。

    1 自治郎 ★ :2018/08/30(木) 20:42:50.30 ID:CAP_USER9.net

    本田技研工業は2018年8月30日、SUV「CR-V」の新型を国内で発表した。このうちガソリンターボエンジン搭載車は同年8月31日に、ハイブリッド車は同年11月1日に販売を開始する。

    ■より広く、使いやすく

    2016年8月をもって国内での販売が終了していたCR-Vが復活した。1995年に誕生した初代CR-Vは、FF車のプラットフォームを流用した小型SUVとしては元祖といっていい「トヨタRAV4」に対して、快適性や利便性の上でミニバンテイストを加えたところにオリジナリティーがあった。5代目となる新型の目玉は、3列シート仕様(ガソリンターボエンジン搭載車のみ)を用意するとともに、ハイブリッド車にも4WDを設定していることだ。

    ホンダによれば、エクステリアデザインのテーマは「MODERN FUNCTIONAL DYNAMIC」。その特徴は、『スター・ウォーズ』のトルーパー軍団の隊長キャプテン・ファズマを思わせるクローム輝く顔に尽きる。もっとも、欧米や中国では先行デビューしており、『weCG』でも国内仕様の写真を公開しているから、すでにおなじみだろうけれど。

    ボディーサイズは全長4605×全幅1855×全高1680mm(FF車の場合。4WD車の全高は1690mm)と、先代より70mm長く、35mm幅広く、5mm低く(4WD車は5mm高く)なった。2660mmのホイールベースは、先代比で40mm延ばされている。さらに、ホイールのサイズは17インチから18インチに拡大され、ロードクリアランスはFF車で200mm(+30mm)、4WD車では210mm(+40mm)が確保されている(カッコ内は先代比。いずれもガソリンターボエンジン搭載車)。

    全長4605mmというのは、4625mmの「スバル・フォレスター」や4640mmの「日産エクストレイル」より短く、4545mmの「マツダCX-5」よりは長い。2660mmのホイールベースはそう長いわけではない(例えばCX-5のそれは2700mmある)が、ペダルからテールゲートまでの距離は3040mm以上あり、全長4700mm以下のどのライバル車よりも長く、つまり空間効率に優れているとホンダは主張する。

    なお、荷室の容量は2列シート仕様のガソリンターボ車が561~1123リッターで、ハイブリッド車が499~1061リッター。3列シート仕様では150~936リッターとなっている。

    (中略、詳細はソースでご確認下さい)

    【ガソリンターボ車】
    ・EX(5人乗り/FF車):323万0280円
    ・EX(5人乗り/4WD車):344万6280円
    ・EX(7人乗り/FF車):342万1440円
    ・EX(7人乗り/4WD車):363万7440円
    ・EX・マスターピース(5人乗り/FF車):359万1000円
    ・EX・マスターピース(5人乗り/4WD車):380万7000円
    ・EX・マスターピース(7人乗り/FF車):381万4560円
    ・EX・マスターピース(7人乗り/4WD車):403万0560円

    【ハイブリッド車】
    ・ハイブリッドEX(5人乗り/FF車):378万4320円
    ・ハイブリッドEX(5人乗り/4WD車):400万0320円
    ・ハイブリッドEX・マスターピース(5人乗り/FF車):414万5040円
    ・ハイブリッドEX・マスターピース(5人乗り/4WD車):436万1040円

    (文=今尾直樹)

    2018.08.30
    http://www.webcg.net/articles/-/39359

    CR-V

    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    (出典 webcg.ismcdn.jp)


    【【自動車】新型「ホンダCR-V」が国内でデビュー】の続きを読む

    このページのトップヘ