ビビッとサクッと速報

ビビッとサクッと速報は、何かと話題な旬な芸能ニュースを中心に、スポーツや社会ネタ等お役立ちになりしうなネタをお届けしていきます。暇つぶしにでも立ち寄ってご覧いただければと思います。

    カテゴリ: お笑い


    『R-1ぐらんぷり』予選始まる 注目は相方が騒動を起こしたあの芸人! - ニコニコニュース
    ピン芸人日本一を決める『R-1ぐらんぷり2019』(フジテレビ系)の予選が始まっている。決勝戦は春に放送される。 1回戦では上沼恵美子の公認モノマネで知られる天才 ...
    (出典:ニコニコニュース)



    (出典 cdnx.natalie.mu)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/01/12(土) 17:49:39.50 ID:gf3IAOlF9.net

    ピン芸人日本一を決める『R-1ぐらんぷり2019』(フジテレビ系)の予選が始まっている。決勝戦は春に放送される。

    1回戦では上沼恵美子の公認モノマネで知られる天才ピアニストのますみ、その上沼への暴言騒動で話題となったスーパーマラドーナ武智の相方である田中一彦などが2回戦へ進んだ。

    さらに、元Jリーガーでヴィッセル神戸に所属した近藤岳登氏も2回戦進出を決めた。昨年度の『R-1』には、ホリエモンこと堀江貴文氏も出場し1回戦を突破している。
    ただ、今大会から参加資格は「芸能事務所、及びプロダクション所属者」「芸能活動を行っている者」「『芸』を生業としている者」としてアマチュア参加が不可となった。
    近藤氏の場合はサッカー解説者としてタレント活動も行っているため、参加が可能になった。

    『R-1ぐらんぷり』は前の大会で1回戦を突破した場合、シード扱いとなり2回戦からの登場となる
    。2回戦以降は、名だたるプロ芸人がそろうため、勝負はここからといえるだろう。2019年の注目出場者は誰だろうか。

    「2018年度の『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)で優勝を果たした霜降り明星の動向は気になるところですね。
    実は粗品とせいやの2人とも、ピン芸人として『R-1』決勝進出経験があります。
    せいやの動きネタはもちろん、粗品のフリップダジャレ芸のクオリティも高いです。『M-1』『R-1』の連覇にも期待がかかります」(放送作家)

    さらに、『R-1』は昨年、2018年は視覚障害を持つ濱田祐太郎、2017年には全裸お盆芸のアキラ100%が優勝している。
    ひと味違う個性派芸人の登場も待たれるところだ。

    「今年の注目株としては、天然すぎるほんわか女芸人として人気のあるいかちゃん、アキラ100%に同じく裸芸ながら、
    言葉を一切用いない動き芸において海外でも話題のウエスP、前大会では早々に敗れるもその後ブレークを果たした、現役医師芸人であるしゅんしゅんクリニックPあたりでしょうか」(前出・同)

    ネット上でも「テレビで見ている人か、無名の人かの争いになりそう」「これも平成最後の『R-1』チャンピオンだな」といった声が聞かれる。
    『R-1』は決勝までに5回の予選が行われる。勝負の行方を見守りたい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1649161/
    2019.01.12 12:00 リアルライブ


    【【R –1ぐらんぷり】予選始まる 注目は?】の続きを読む


    としていた。後に対決企画は山崎邦正(現:月亭方正)やココリコといったレギュラー陣を巻き込むようになり、その中で2003年に放送した罰ゲーム『絶対笑ってはいけない温泉宿一泊二日の旅』が人気を博した結果シリーズ化され、『警察』以降は大みそかの年越し番組として放送されるようになった。また、『病院』以降は全員参加企画へ移行した。
    235キロバイト (31,976 語) - 2018年12月31日 (月) 23:36



    (出典 69-74.c.blog.so-net.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/31(月) 17:44:02.37 ID:CAP_USER9.net

    今や大みそか恒例番組となっている、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで』(日本テレビ系)の年越しスペシャル、『絶対に笑ってはいけない』シリーズ。

    ダウンタウンら『ガキ使』メンバーが、仕掛けられたトラップで笑ってしまうと罰ゲームを受けるという企画で、毎年いろいろな趣向が凝らされていることが話題になる。
    2018年末は『絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!』と題し、新人トレジャーハンターにふんした『ガキ使』メンバー5人が、訓練や研修に挑む。

    毎年この番組を楽しみにしている人たちも多いことだろう。
    そこで今回は、10~50代の男女200人に、これまで放送された年末のシリーズの中で「一番面白かった『笑ってはいけない』」についてアンケート。
    ここでは、みんなが選んだ上位5つをご紹介!

    まず、第4位(7.5%)は、『絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時』と『絶対に笑ってはいけないホテルマン24時』の2つが同率でランクイン。

    2013年に放送された『絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時』は、地球防衛軍の新人隊員にふんしたメンバーたちが研修に参加。
    スペシャルゲストとして、当時、プロ野球広島東洋カープの選手で、現在メジャーリーグのロサンゼルス・ドジャーズで活躍中の前田健太が登場し、注目を集めた。

    2009年に放送された『絶対に笑ってはいけないホテルマン24時』は、メンバーが新人ホテルマンとしてホテルに入社、数々のミッションに臨むという内容。

    同作では、タレントのジミー大西がクレーム処理係のホテルウーマンにふんしたり、歌手の森昌子の登場が話題になった。
    結婚披露宴のシーンで、ココリコの遠藤章造の、実弟が登場した。

    第3位(12.3%)には、2017年放送の『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』がランクイン。

    メンバーは、新米アメリカンポリスにふんする。
    同シリーズではメンバーのココリコ田中直樹が理不尽にタイキックを受けることがお約束となっているが、
    今作ではタレントのベッキーが2016年に発覚した不倫騒動の“みそぎ”としてタイキックの餌食になり、そのインパクトの強さに視聴者は騒然となった。

    第2位(14.9%)は、2007年に放送された『絶対に笑ってはいけない病院24時』。

    病院を舞台に、ナースにふんしたメンバーたちが奮闘した。メンバーの月亭方正がプロレスラーの蝶野正洋から理不尽なビンタを浴びる“蝶野ビンタ”が初めて登場、その後シリーズの定番となっている。

    そして第1位(34.7%)に選ばれたのは、2006年に放送された『絶対に笑ってはいけない警察24時!!』。

    大みそか特番となったシリーズ最初の回で、メンバーが新人警察官にふんし、研修に参加。
    引き出しを開けるとネタが仕込まれている“机トラップシリーズ”は、ここからスタートした。
    基本的に笑ってはいけないルールだが、「交通機動隊訓練」の場面では笑ってもOKで、悲鳴を上げたらアウトという特別ルールのもと、
    過激なドライブ走行に悲鳴を上げたダウンタウン浜田雅功らが罰ゲームを受けていた。

    毎回、思わぬ大物芸能人がゲスト出演することでも話題の『笑ってはいけない』シリーズ。
    2017年『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』では、俳優の西郷輝彦や、山崎賢人、ムロツヨシなどの登場が話題になった。
    2018年にはどんなゲストや仕掛けが飛び出すのか、今から楽しみだ。

    http://dailynewsonline.jp/article/1631549/
    2018.12.30 08:30 日刊大衆


    (出典 Youtube)

    田中直樹 タイキック

    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1546131935/


    【【バラエティー】『絶対笑ってはいけない』シリーズ、歴代で一番面白かった回は?】の続きを読む


    梶原 雄太(かじわら ゆうた、1980年8月7日 - )は、大阪市都島区出身のお笑いタレント、漫才コンビ・キングコングのボケ担当である。相方は西野亮廣。 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。太成高等学校(現太成学院大学高等学校)卒業。身長163センチメートル、体重48キログラム、血液型B型
    9キロバイト (964 語) - 2018年11月30日 (金) 03:10



    (出典 www.sponichi.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/31(月) 16:11:55.03 ID:CAP_USER9.net

    お笑いコンビ「キングコング」梶原雄太(38)が30日、自身のYoutubeチャンネルに動画を投稿。
    M―1グランプリ2007でともに死闘を繰り広げた「トータルテンボス」の大村朋宏(43)、藤田憲右(43)と本音で語り合った。

    2007年のM-1はこの2組と敗者復活から勝ち上がったサンドウィッチマンが最終決戦に進出。
    サンドウィッチマンが優勝を果たした。大村は「(敗者復活から勝ち上がるのは)それまではキャーキャーの匂いがある芸人さんが上がってくる率が高かった。
    そんなのにパンクブーブーやサンドウィッチマンが引っ掛かるわけないと思った。
    サンドウィッチマンが来た時に『(観客の)見る目あるんかい!』って思った」と苦笑いで当時を回顧した。

    続けて、梶原が「トータルさんが646点で、僕たちが650点になった時に、(カメラに抜かれた)藤田さんが『ふざけんなよ!』って言っていたんですよ。
    そんなに言う?みたいな」とその絶叫の真相を追及すると、藤田は「計算通りに全てがいってたのよ。
    抽選するじゃん順番。5番くらい引きたいって言ってたらマジでその数字出て。
    ここがあまりウケないで、ここで俺たちが取れるぞ、みたいにM―1の運び方みたいなのを計算していたら、その通りになったのよ。
    このまま普通にいけば優勝できるって思ってた時に、まさかのキンコンのまくりで。『何でだよ!』って(叫んだ)。
    自分たちの計算ミスへ(の怒り)も込みで」と理由を説明した。

    梶原は「僕たちも計算してて、トータルテンボスさんが先に漫才してくれるって知った時に僕はぶっちゃけガッツポーズしました」と明かし、
    「(大会直後に)前から大村さんが歩いていたんですけど、大村さんが泣いていたんですよ」と暴露。
    藤田が「嗚咽してたらしいよ、トイレで」と補足していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15815625/
    2018年12月31日 15時33分 スポニチアネックス


    【【お笑い】キンコン梶原 M−1で“激怒”されたライバルに真相追及「そんなに言う?」】の続きを読む


    くっきー(1976年3月12日 - )は、日本のお笑い芸人。お笑いコンビ野性爆弾のボケ・ネタ作り担当。愛称はくーちゃん。別名「肉糞太郎」「肉糞亭スポーツ」。旧芸名及び本名は川島 邦裕(かわしま くにひろ)。吉本興業東京本社所属。 滋賀県守山市出身。身長180cm、体重99kg。高校生の頃は生徒会長を
    19キロバイト (2,356 語) - 2018年11月27日 (火) 05:40



    (出典 www.yoshimoto.co.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/31(月) 19:54:28.08 ID:CAP_USER9.net

    2018年に大ブレークした『野性爆弾』くっきー。業界ではもともと評価が高かったため、「時代がくっきーに追い付いた」という声も多く上がっている。

    しかし、その本性はかなりの“クズ”で、もしバレたら一気にテレビの仕事がなくなるかもしれない。

    「くっきーのヤバいエピソードの1つに、奥さんとの結婚話があります。まず奥さんは、古くからのくっきーファンで、プリクラ付きのファンレターを見たくっきーが連絡を取ったのが始まりでした。
    このとき、くっきーには既に恋人がいて、奥さんとは浮気関係でスタート。
    浮気中に当時の恋人から電話がかかってきて、逆ギレして携帯を投げ付けた拍子に通話状態になり浮気がバレたそうですが、くっきーは『バレて別れれて良かったわ』と話しています」(芸能記者)

    続々出てくる“クズ”エピソード

    その後、今の奥さんと交際がスタートしたくっきー。しかし、その最中にまたも浮気をしたという。

    「浮気がバレて問い詰められたくっきーは、逆ギレして『うるさい、出て行け!』と怒鳴ったそう。
    すると彼女が泣きながら過呼吸で倒れたため、くっきーは慌てて『結婚しよう』とプロポーズ。これが2人の結ばれた瞬間だったのです」(同・記者)

    このエピソードはさまざまな番組でくっきーが自ら語っており、スタジオではドン引きの声が上がる。
    よく適当なことを話すくっきーだが、この話に関しては何度も同じようにしゃべっているので、事実なのだろう。

    「また、くっきーは以前ドッキリ番組で、後輩の大西ライオンが“微妙なルックスの彼女”を連れてきた場合、どんなリアクションをするのか調査されていました。
    すると、くっきーは彼女の顔を見るなり大笑いし、隣の席のスタッフにこっそり『ええ顔してたな。16点』と陰口を言っていたのです」(同・記者)

    強面だけど愛されるキャラとして大ブレークしたくっきー。しかし、女性を軽視する態度が露呈すれば、現代のテレビでは生き残れない。

    果たして持ち前の“野性味”で取り繕うことができるだろうか…。

    http://dailynewsonline.jp/article/1633512/
    2018.12.31 19:00 まいじつ


    【【お笑い】『野性爆弾』くっきーの「女性軽視」くずエピソードにドン引き】の続きを読む


    ビートたけし(1947年1月18日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、映画監督、俳優である。本名:北野 武(きたの たけし)。東京都足立区島根出身。 タモリ、明石家さんまと共に、日本のお笑いBIG3の一角を担う。日本国外では本名北野 武で、映画監督として知られる。
    163キロバイト (21,448 語) - 2018年12月29日 (土) 04:55



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2019/01/01(火) 06:33:09.85 ID:CAP_USER9.net

     2018年は所属事務所からの独立騒動で注目を集めたビートたけし(71)が幹子夫人(67)と離婚調停に入っていることが31日、分かった。関係者によると、たけしが家庭裁判所に調停を申し立てた。不調に終われば、早ければ今春に離婚裁判に突入する。愛人とされる女性パートナーと新事務所を立ち上げ、自ら立ち上げた「オフィス北野」からも独立したたけし。古希を超えての“離別”の連鎖が続いている。

     事務所から独立したたけしが次に取った行動は「離婚」だった。関係者は「突然、調停期日通知書が届いたのは18年の夏に入る前の5月か、6月ごろ。幹子夫人やお子さんたちも驚いたと聞いています」と振り返った。

     ひそかに進められた離婚調停。現在の状況について「財産のことも含め話し合いは難航しているようです。幹子さんは別居しているとはいえ、40年にわたって結婚生活を続けてきた。たけしさんがなぜ、こんな行動に出たのか。そこには女性パートナーの存在がある。公私で彼女が関わっていることで簡単には応じることはできないと思っている」とした。

     現在は双方代理人を立てて話し合いを進めている。このまま不調に終われば離婚訴訟となる。早ければ今春にも裁判となり、年内に「離婚」が決定する可能性がある。法曹関係者は「財産分与も含め、数十年にわたる別居期間がどう判断されるか」と話した。

     幹子夫人は元漫才師で、1980年の漫才ブームでお笑いコンビ「ツービート」として、たけしが大ブレークする前に知り合った。その後、1男1女が生まれ、1983年に結婚。売れない時代を支え、その後は「北野企画」などの会社を立ち上げ、たけしのばく大な収入の管理もしてきた。現在は都内の一等地に複数の不動産物件がある。

     雲行きが怪しくなったのは、たけしが3年前に18歳年下の女性パートナーと新事務所「T.Nゴン」を設立したことから。その直前には幹子夫人と共同所有だった世田谷区の土地の所有権をたけしが自身の名義に変更した。17年春からは「T.Nゴン」でたけしのギャラを管理。幹子夫人の“収入”も絶たれた状態だ。

     関係者によると、「お子さんたちも離婚裁判になるなら“その時はその時”と覚悟を決めていると聞きました。ただ、幹子夫人も含め、たけしさんのことを尊敬しているし、家族としての気持ちが変わることはない」と指摘した。老いてますます盛んなたけし。残りの人生の生き方が時代のテーマとなっている中、その一挙手一投足に注目が集まる。

     ≪過去に船越英一郎&松居一代≫芸能人の離婚調停は、最近では俳優の船越英一郎(58)とタレント松居一代(61)らの例がある。2人は17年12月に離婚。ほかに女優の沢田亜矢子(70)と元マネジャーで現タレント松野行秀(57)や、タレント三船美佳(36)と歌手高橋ジョージ(60)らも調停を経て離婚した。俳優の川崎麻世(55)もタレントのカイヤ(56)と調停を経て、裁判に入っている。


    [ 2019年1月1日 06:30 ]
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/01/01/kiji/20181231s00041000387000c.html


    【【お笑い】たけし離婚調停 40年連れ添った幹子夫人と 不調なら春にも裁判突入 背景に女性パートナー】の続きを読む

    このページのトップヘ