ビビッとサクッと速報

ビビッとサクッと速報は、何かと話題な旬な芸能ニュースを中心に、スポーツや社会ネタ等お役立ちになりしうなネタをお届けしていきます。暇つぶしにでも立ち寄ってご覧いただければと思います。

    カテゴリ: スポーツ


    『吉田沙保里のこれまでの奇跡』


    吉田 (よしだ さおり、1982年(昭和57年)10月5日 - )は、日本のレスリング選手・指導者。女子レスリング個人で世界大会16連覇、個人戦206連勝を記録し、「霊長類最強女子」の異名を持つ。2012年には13大会連続世界一でギネス世界記録認定、国民栄誉賞受賞を成し遂げた。紫綬褒章受章者(
    30キロバイト (3,524 語) - 2019年1月8日 (火) 08:22




    【『吉田沙保里のこれまでの奇跡』】の続きを読む


    【アジアカップ】日本代表結果速報



    内容はどうあれ、勝ち点3取れたことは大きい!初戦は難しいから。

    【【アジアカップ】日本代表結果速報】の続きを読む


    内海 哲也(うつみ てつや、1982年4月29日 - )は、京都府城陽市出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。埼玉西武ライオンズ所属。愛称は「テツさん」、「てっちゃん」。 敦賀気比高等学校で左腕エースとして活躍し注目された。高校時代は田中良平・森大輔とともに「北陸三羽ガラス」と呼ばれた。仲澤忠厚や
    55キロバイト (7,254 語) - 2018年12月21日 (金) 10:42



    (出典 number.ismcdn.jp)


    巨人の選手の扱いひどすぎる。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/21(金) 17:54:41.81 ID:CAP_USER9.net

    内海哲也投手(36)の西武移籍のショックの余波が止まらない。FA(フリーエージェント)に伴う人的補償で巨人から西武へ移籍した内海が2018年12月21日、西武の球団事務所で入団会見を行った。
    背番号は巨人時代の「26」から「27」に決まり新天地での活躍を誓ったが、精神的支柱を失った巨人投手陣のショックは大きく、今後の士気に影響を及ぼす可能性も出てきた。

    球界に激震が走った内海の流出劇。内海は自身が28人のプロテクトリストから漏れていたことを知らず、人的補償に伴う西武への移籍は巨人の球団関係者からのいきなりの通告だったという。
    「ルールなんで仕方ない」と達観する内海だが、投手陣のみならずナインに与えた精神的動揺は計り知れない。

    巨人の「慌てぶり」感じさせるコメント
    投手陣のリーダー的存在で、6度のリーグ優勝、2度の日本一に貢献し、最多勝(2回)、最多奪三振(1回)のタイトルを獲得するなど若手投手から全幅の信頼を寄せられていた。
    他球団から移籍してきた投手への気配りも怠らず、気兼ねなく練習が出来る環境を整え、生え抜き選手との壁を作らぬように食事会などを催していた。

    投手陣のみならず捕手陣からの信頼も厚い。西武移籍に際しては、阿部慎之助捕手(39)をはじめとし、小林誠司捕手(29)、大城卓三捕手(25)らが続々とコメントを発表し、一様に「さびしい」と口をそろえた。
    関係各所に連絡したという内海は「やっぱりみんな寂しいと言ってくれた」と話し、巨人に残った後輩らに「頑張れ」とエールを送ったという。

    今回の内海の移籍に関して球界関係者は「巨人は内海をプロテクトリストから外した時点で西武に取られることをある程度は想定していたはず。来季、菊池が抜けることを考えれば、西武は当然、左の即戦力がほしいところ。
    ただ、これだけの騒動になるとは想定していなかったのでしょう。球団のトップが移籍する選手にコメントを出すのは異例で、巨人の慌てぶりが見て取れますね」と話した。

    巨人は今オフ、FAでの補強に加え、次々と補強を重ねてきた。投手陣に目を向ければ、マリナーズを自由契約になった岩隈久志投手(37)、巨人から自由契約となり再契約をした上原浩治投手(43)らベテランが加入。
    岩隈と上原はともに日米のリーグで実績を残しており、若手投手の生きた手本になることが補強の決め手になったと見られるが、36歳の内海をプロテクトから外したことについて、ネット上ではファンから疑問の声が多数寄せられている。

    内海見送り...広島の狙いは?
    28人のプロテクトリストから内海が漏れていたことを考慮すると、巨人は若手を中心としたリストを作成した可能性が高い。
    内海はチームにとって精神的支柱であったが、昨季は2勝7敗、今季は復活の兆しは見られたものの5勝5敗に終わっている。
    球団はベテランの復活の可能性よりも、若手の将来的な可能性を選択したとみられる。

    巨人投手陣の絶対的な存在が抜けたことは、ナインにどのような影響を及ぼすのだろうか。前出の関係者は次のように指摘する。

    「巨人の投手陣の結束は固い。内海が抜けたことで若手投手は相当なショックを受けている。
    これが球団への不信感につながる恐れもあります。一番心配されるのが若手のモチベーション低下ですね」
    今回、巨人は西武と広島に対して人的補償をする可能性があった。FAのルールでは、西武と広島の獲得希望選手が重複した場合、同一リーグが優先されるため、広島に選択権があった。
    だが、広島は事前に西武から内海を指名する旨を聞いた上で、これを了承し、今回の移籍が成立した。

    広島は人的補償での獲得選手について慎重な姿勢を崩さず、年越しを辞さない構えを見せている。
    チーム事情から投手の獲得に動く可能性が高く、内海を見送った経緯から若手投手の獲得も十分に考えられる。
    今オフ、FAで炭谷銀仁朗捕手(31)、丸佳浩外野手(29)を獲得し、より一層の厚みを増した原巨人だが、その代償は大きなものとなりそうだ。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15774419/
    2018年12月21日 17時3分 J-CASTニュース


    【【プロ野球】内海ショック広がる巨人投手陣 「若手のモチベ低下」リスクも】の続きを読む


    長嶋 一茂(ながしま かずしげ、本名:一茂・パウロ・長嶋、1966年1月26日 - )は、日本の元プロ野球選手(内野手)、タレント、スポーツキャスター、野球評論家、俳優。読売ジャイアンツ野球振興アドバイザーをしていた時もある。本人はフリーターと語った事がある。血液型はB型。
    52キロバイト (5,165 語) - 2018年12月9日 (日) 12:23



    (出典 yumeijinhensachi.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/12/15(土) 21:35:02.14 ID:CAP_USER9.net

    タレントの長嶋一茂(52)が、プロ野球引退直後から本格的に始めた極真空手の公式大会に本格参戦した。
    来年1月5日放送のTBS系「新春!炎の体育会TV」(土曜・午後7時)でこの様子が紹介されることになった。

    野球界のレジェンド・長嶋一茂の息子に生まれ、少年時代から“強い男”になりたいという夢を抱き続けてきた一茂。
    プロ野球選手になってもなおその夢は捨てきれず、現役引退後に空手を開始。
    「やる!と決めたら俺はやる!!」と並々ならない思いで励んでいたという。

    「他の番組では文句たれたり、ブーたれているけど、ここでは言わない。逃げ道になるから」と決意を胸に、11月に行われた極真空手の公式大会である全関東空手道選手権大会に出場した一茂。
    驚異の身体能力を持つ一茂が、大会の会場を沸かせ結果を残せたのか…番組で明かされる。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15745806/
    2018年12月15日 20時51分 スポーツ報知


    (出典 image.news.livedoor.com)



    (出典 Youtube)

    長嶋一茂 極真空手の京都大会に出場 1998年


    【【芸能】長嶋一茂「やると決めたら俺はやる」極真空手の公式大会にガチ参戦】の続きを読む


    本田 (ほんだ みゆ、2004年6月1日 - )は、日本の女優、タレント、フィギュアスケート選手。京都府京都市伏見区出身。テアトルアカデミーを経て、オスカープロモーション所属。兄はフィギュアスケート選手の本田太一、姉はフィギュアスケート選手の本田真凜。妹は子役であり、フィギュアスケーターでもある本田紗来。
    37キロバイト (4,897 語) - 2018年12月10日 (月) 09:10



    (出典 news.walkerplus.com)


    スポーツはそんなに甘くない!でもできたらすごい!頑張れ!

    1 Egg ★ :2018/12/14(金) 05:44:04.84 ID:CAP_USER9.net

     女優でフィギュアスケート選手の本田望結(14)が13日、東京・東急シアターオーブで行われたクリスマスショー『ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド』プレスコールに参加。本田は、樹脂パネルでできたスケートリンク上で自ら振り付けを担当したスケーティングを華麗に披露。スケーターとしての顔を見せた。

     「今はスケートに集中しているだけで(女優業を)諦めたわけではないです」と女優業との両立について熱く語った本田は「私の夢は2つの夢をかなえることなので、二刀流と言ってもらえる日が来るまでしっかり頑張りたいです」と目標を明かした。

     フィギュアスケートGPファイナル女子フリーに初出場し、見事金メダルに輝いた紀平梨花選手について「大好きです。いつか同じ舞台に立ちたいなと思います。来年は姉の真凜と一緒に全日本に行きます」と強く意気込んだ。

     この日は、同ショーにMC兼シンガーとして出演する、『トリバゴ』のCMやミュージカルなど日本でも活躍する女優のナタリー・エモンズも参加。上演楽曲の「Have Yourself a Merry Little Christmas」「All I Want for Christmas Is You 恋人たちのクリスマス」の2曲を歌唱し、美声を響かせた。

     15日から25日まで同所にて上演され、ことしで3年目を迎える同ショーは、クリスマスソングのゴスペル、ダンサーたちのショーを展開し、米国などで親しまれている人気公演。本田は全16公演のうち、2公演(15日・24日)にゲスト出演する。

    12/13(木) 17:31 オリコン
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000373-oric-ent


    【【芸能】<本田望結>「二刀流を目指します」 女優とフィギュアスケートの両立に強い決意】の続きを読む

    このページのトップヘ