ビビッとサクッと速報

ビビッとサクッと速報は、何かと話題な旬な芸能ニュースを中心に、スポーツや社会ネタも交えてまとめてお届けしていきます。暇つぶしにでも立ち寄ってご覧いただければと思います。



    (出典 buzz-plus.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2018/11/12(月) 06:25:31.11 ID:CAP_USER9.net

     ファッション誌の表紙デビューから始まって、高級ブランドの広告塔に、テレビCM……。小出しに、しかし着実に、その存在を世間に知らしめ、今のところは売り出しに成功しているKoki,(15)。無論、両親のネームバリューがあってのことだが、最終目標は、まだ先にあった。実は将来的に歌手としてのデビューを画策しているというのだ。さて、その商機は? 

     ***

     今年5月にデビューしてからというもの、Koki,の話題が絶えない。

     芸能記者によると、

    「10月15日にも、彼女は、全国紙からスポーツ紙まで全国74紙の新聞すべてをジャックしました。一紙ずつ違った表情をしたカラーの全面広告を載せたのです。明らかに、話題を絶やさず、少しずつ露出を増やすという戦略でしょう」

     その作戦は功を奏しているようだ。アイドル評論家の中森明夫氏は、

    「売り出し方は、ここまでは完璧と言っていいほどですね。一連の流れは、広告業界で言うティーザー広告で、消費者を焦らして興味を持たせるやり方です。新人タレント一人の売り出し方としては、極めて大掛かり。随分前から練られていたとしか思えません」

     インスタグラムのフォロワー数は、デビュー半年弱で、すでに130万人超。両親のキムタク(45)や工藤静香(48)はシメシメといったところだろうが、2人が描く娘の青写真はモデル業に留まらなかった。

    “ポスト安室”が空席

     さる芸能関係者が言う。

    「Koki,は、フルートが得意なだけでなく、作曲もして、母親の静香や歌手の中島美嘉に楽曲提供するほど音楽に明るい。その上、実は歌が上手いと評判なのです。歌声を聴いた人は、宇多田ヒカルのようなのになぜ歌手デビューさせないのかと言うくらいだそう」

     静香は元々、おニャン子クラブからソロデビューするや、バブル期を代表する実力派として鳴らした。一方のキムタクも、解散したSMAPの中では歌唱力があると言われていたから、娘に素質が引き継がれていても不思議ではない。

    「実際に歌手デビューの計画が進行していると聞きます。つまり、これまでの売り出し方は、歌手活動に向けた下地作りというわけ。静香が娘の売り出しに熱を入れていることからも、デビューとなったら、母親人脈の秋元康プロデュースでは、と言われています」(同)

     この点について、Koki,の所属事務所は、

    「本人の希望はモデルです。将来はわかりませんが、歌手はないと思います」

     と否定するが、さるファッション関係者は、

    「世界的なモデルとしては、彼女の170センチの身長も十分ではないし、顔もアジア的でないため受けが悪い」

     将来的にモデルとして成功を収めるかとなると、やや疑問符が付くと言う。

    「かといって国内でのモデル活動のみで終わるとは、両親の知名度からしても思えません。その場合の選択肢は女優か歌手ですが、共演者や脚本によって左右される女優より、自分の能力次第の歌手に現実味がある」(別の芸能関係者)

     では、デビューの商機はいつなのか。先の中森氏は、

    「“平成の歌姫”と言われた安室奈美恵が引退し、“ポスト安室”は空席です。かつて、山口百恵が引退することになって、急遽、レコード会社の中にチームが編成され、誕生したのが松田聖子でした。それに倣えば、これだけレールの敷かれたKoki,プロジェクトが、ここを狙わないわけがないのでは」

     元号が変わるのは、来年5月。その前後にデビューの可能性が高いと言うのだ。

    「週刊新潮」2018年11月8日号 掲載

    11/12(月) 5:59配信 デイリー新潮
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181112-00551449-shincho-ent


    【「Koki,」歌手デビュー計画進行 秋元康プロデュース?】の続きを読む


    成宮 (なりみや ひろき、1982年9月14日 - )は、日本の俳優。東京都出身。トップコートに所属していた。 2000年に、オーディションを経て宮本亜門演出の舞台『滅びかけた人類、その愛の本質とは…』のケイン役で俳優デビューした。この時は、「平宮博重」名義で出演していた。翌2001年に『溺れ
    35キロバイト (4,395 語) - 2018年10月25日 (木) 13:46



    (出典 geinou-navi.com)


    こりゃファンもたまらんな。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/12(月) 13:04:19.89 ID:CAP_USER9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    成宮寛貴(36)が10日、自身のインスタグラム・ストーリー動画に投稿した内容が話題になっている。
    成宮といえば先日、成宮のかっこいい表情が、最後まで見ると変顔に変化していくというコミカルなストーリーズアップし話題になっていたばかり。

    そんな成宮がこの日は「In my friend`s BDP So cute he`s Daughter」というコメントを添え、友達の赤ちゃんとキスをしているストーリーズを公開した。

    この可愛いすぎるストーリーズ動画に、ファンは大興奮で、「なりみや君にチュー!!!されてる赤ちゃんは、超幸せだね」
    「可愛い!!無敵の2shotとっても素敵!見てるだけで温かくて優しい気持ちが広がります」「可愛い赤ちゃんとの可愛い!!なんだか優しい気持ちになれるショットだなぁ」
    「わーーー!ナリ!お友達の赤ちゃんとのchuストーリー、ステキです!!!!赤ちゃん、可愛いですよネ!chuしたくなるナリの気持ち、わかります!!わたしにもしてください」「赤ちゃんだけずるい!」などの反応が寄せられていた。

    いつも楽しく過ごしている様子を、インスタグラムの投稿で見せてくれている成宮。最近は特に成宮の表情も以前より豊かで、ファンからも喜びの声が上がっている。
    今後も成宮のインスタグラム投稿から目が離せない。

    http://dailynewsonline.jp/article/1567206/
    2018.11.12 07:22 デイリーニュースオンライン


    【成宮寛貴 赤ちゃんとのキス顔にファン大興奮「私にも!」「ずるい!」】の続きを読む


    浜崎 あゆみ(はまさき あゆみ、1978年10月2日 - )は、日本の女性歌手・シンガーソングライター。かつては女優、モデルとしても活動していた。本名は濱﨑 歩(読み同じ)。愛称はあゆ、ayu。公式の英語表記はayumi hamasakiであり作詞のクレジットとしてオリジナル曲の多くに用いられている
    50キロバイト (4,890 語) - 2018年10月19日 (金) 23:03



    (出典 geinou-navi.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/12(月) 12:56:00.52 ID:CAP_USER9.net

    歌手の浜崎あゆみ(40)が8日、自身のインスタグラムを更新して話題になっている。浜崎といえば、現在ツアー『ayumi hamasaki LIVE TOUR ーTROUBLEー2018ー2019』の真っ最中。
    先日の投稿ではステージ衣装が痛々しすぎるとネット上で話題になっていたばかり。

    そんな浜崎がこの日の投稿では「たんんんのしかったー群馬!#チュッパチャプス #まさかの抹茶ラテ #緑に茶色て #気持ちは全力でストロベリーだった」という不思議な文章と共に、
    ピンク色の大きなギターのオブジェの上に乗るというパフォーマンス中の写真を公開した。

    衣装は前回同様かなり短いスカートでセクシーなもの。この投稿に対して一部では「派手でも奇抜でもいいけど、太ももと*を見せないでほしい。
    もう色々ほんとにきつい」「若い時はあまり露出してなかったのに、この年齢になってなんでこんなに露出するようになったの?」
    「なんかもうその衣装とピンクのギターセットも…色々破壊力がすごいや」「マドンナを意識してるのは分かるけど、本当に似合っていないことに早く気付いてよ。」などの厳しいコメントが飛び交ってしまった。

    さらに、理解しづらい投稿コメントに対しても「その年齢でよくこんな幼稚なポエムみたいな投稿文書けるなあ」というような声も上がっていた。
    テンションがハイになっている最中の投稿だったのだろうか。何回読んで理解できない不思議な文章だった。

    http://dailynewsonline.jp/article/1567203/
    2018.11.12 07:14 デイリーニュースオンライン


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    【浜崎あゆみ なぜ今の年になってこんなに露出!?謎ポエムと写真の破壊力がすごい】の続きを読む


    2016年4月20日閲覧。  錦織 ×日清食品スペシャルサイト 錦織 公式サイト 錦織圭コミュニティ - Facebook 錦織圭 (@keinishikori) - Twitter 錦織圭 - ATPツアーのプロフィール (英語) 錦織圭 - デビスカップのプロフィール (英語) 錦織圭 - 国際テニス連盟のプロフィール
    108キロバイト (13,163 語) - 2018年11月5日 (月) 04:05



    (出典 news.tennis365.net)


    ここで勝つとは!

    1 豆次郎 ★ :2018/11/12(月) 06:39:16.20 ID:CAP_USER9.net

    最終戦 Nitto ATPファイナルズ
    (イギリス/ロンドン、室内ハード)
    グループ・レイトン・ヒューイット
    予選ラウンドロビン第1戦


    【グループ・グーガ・クエルテン】
    N・ジョコ*(セルビア)
    A・ズベレフ(ドイツ)
    M・チリッチ(クロアチア)
    J・イズナー(アメリカ)

    【グループ・レイトン・ヒューイット】
    R・フェデラー
    K・アンダーソン(南アフリカ)
    D・ティーム(オーストリア)
    錦織圭



    <錦織圭 2-0 R・フェデラー>
    7-6(7-4)
    6-3


    https://live.tennis365.net/london/2018/1/

    (出典 news.tennis365.net)


    【【テニス】錦織圭がフェデラーにストレート勝利!! ATPファイナルズ予選第1戦】の続きを読む


    浜崎 あゆみ(はまさき あゆみ、1978年10月2日 - )は、日本の女性歌手・シンガーソングライター。かつては女優、モデルとしても活動していた。本名は濱﨑 歩(読み同じ)。愛称はあゆ、ayu。公式の英語表記はayumi hamasakiであり作詞のクレジットとしてオリジナル曲の多くに用いられている
    50キロバイト (4,890 語) - 2018年10月19日 (金) 23:03



    (出典 www.m-on-music.jp)


    2人の歌好きだけどな。

    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/11/11(日) 19:37:43.24 ID:CAP_USER9.net

    普段感じていること、あるいは口には出せないホンネ、はたまた口が裂けても言えない秘密。──匿名という条件のもとに、ぜんぶ白日の下にさらけ出します! 
    女性のセキララなアレコレを、いろんな角度からアナリティクス(分析)! 数字はウソをつきませんよ♪

    音楽以外で世を騒がせてきた
    歌姫たちが、上位にランクイン!
    心を振るわせる歌姫は、いつの時代にも必ず誕生します。“まさに女子の心を代弁している!”……といった具合に時代の寵児としてもてはやされますが、いつしか消えていき、歌い続ける姿に“イタさ”を感じてしまうケースもチラホラ。

    一方で、永遠の歌姫として揺るがない地位を築く人もいます。その違いはなんなのかを探るため、ぶっちゃけ“嫌いな歌姫”を聞いてみました。(協力:アイリサーチ)

    ■正直嫌いな“歌姫”ランキングTOP20
    (編集部が選んだ全22人から複数回答。1位3pt、2位2pt、3位1ptで算出)

    1位 浜崎あゆみ(40)145pt
    2位 倖田來未(35)121pt
    3位 miwa(28)68pt
    4位 May J.(30)53pt
    5位 西野カナ(29)44pt
    6位 加藤ミリヤ(30)40pt
    7位 松田聖子(56)32pt
    8位 UA(46)31pt
    9位 絢香(30)25pt
    9位 椎名林檎(39)25pt
    11位 aiko(42)24pt
    11位 大塚愛(36)24pt
    13位 JUJU(42)17pt
    14位 平原綾香(34)17pt
    15位 倉木麻衣(36)14pt
    16位 中島美嘉(35)11pt
    17位 安室奈美恵(41)9pt
    18位 Superfly(34)8pt
    19位 宇多田ヒカル(35)5pt
    20位 MISIA(40)1pt

    1位は浜崎あゆみという結果になりました! 確かに近年はSNSでの炎上が話題になりがちですが、在りし日の姿との落差を思うと涙が出るような思いです。

    また2位には倖田來未と、上位にはファンの層を含めて“やんちゃさ”を感じる面々が並んだ印象です。特定の人の熱烈な支持を集める反面、万人受けはしないということかもしれません。

    1~2世代前の歌姫のみならず、現役バリバリのmiwaが3位に付けています。「あざとい」という印象から同性の反感を買ってしまったようです。

    不名誉なレッテルを貼られた彼女たちに対して、10pt以下だった安室奈美恵(9月16日引退)や、Superfly、宇多田ヒカル、MISIAなどは高い好感度を誇っていることがわかります。
    熱烈な固定ファンが多いことに加え、メディア露出が少ないため、好感度を崩す要因が少ないことも理由になるかもしれません。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15580146/
    2018年11月11日 18時0分 週刊女性PRIME


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【浜崎あゆみ&倖田來未が「嫌いな歌姫」ランキングトップ2! なぜ?】の続きを読む

    このページのトップヘ